赤ちゃんが欲しい 食事はこれまで以上に大事

バランスの取れた食生活を送ることが赤ちゃんにしてあげられる大事なこと

子授かりの第一歩となります食事ですが、では何に気をつけてどんな食事をしたら良いのでしょうか?

 

管理栄養士の方が紹介している手軽な栄養のバランスアップ方法をご紹介します。

 

1日の食事中心の軸には、水分それと適度な運動によりコマは正しく回っていきます。
この頭を使って食事のバランスを説明していきます。

 

農林水産省の食事バランスガイド

 

農林水産省のホームページより転載

http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/kakudaizu.html

 

 

野菜サラダは大体70 G 一粒んで夕食を見てみましょう。

 

夕食では根菜の煮物があります、今回は重いお野菜です。
いいものを240gくらいで取れますね。

 

次は3番目の出生について実際はタンパク質になるものです。

 

お肉お魚卵大豆製品などに主菜、お店に行って朝食から見てみましょう。
卵があります。

 

卵一個は一粒んです。

 

昼食を見てみましょう。

 

昼食ではチキンライスに鶏肉が含まれます。

 

鶏肉は一粒んです。

 

夕食を見てみましょう。

 

さんまがあります。
さんまは二つぶんです続いて下の二つに分かれているこちら牛乳乳製品牛乳乳製品は含まれるカルシウム100mgで一粒んと数えます。

 

牛乳ですとコップ半分くらい市。
販のヨーグルトスライスチーズの一枚が一つぶんとなります。

 

朝食を見てみましょう。
朝食には牛乳があります。

 

今日はコップ半分くらいですね。

 

牛乳はひとつぶんです。

 

昼食夕食には残念ながら生まれていません。
牛乳乳製品はこれで終わりです

 

 

最後は果物。

 

果物は、みかんなら一個。りんごなら1/2個位が一つぶんと数えます。

 

果物大きさがまちまちですよね。

 

そういった場合100gが一つぶんと数えます。

 

果物を見てみましょう。

 

朝食を見てみましょう。朝
食にバナナがあります。

 

バナナ一本で一粒んです。

 

昼食と夕食には残念ながら生まれていませんね。
果物もこれで終わりです。

 

これで一日の食事の全てがバランスガイドのコマには電話ありました。

 

でもバランスガイドが綺麗に埋まっていませんね。

 

これではうまく回りません。

 

そこでどのようにしたら上手にバランスよくコマが出来上がるのか紹介したいと思います。

 

1日の食事をバランスガイドに当てはめてみました。

 

バランスの良いお食事に見えていましたが、当てはめてみると息している部分が見えてきました。

 

このがうまく回るように上手に埋めていきたいと思います。

 

まずは主食からまず一つ足りないですね。

 

市販のおむすびっ子が一粒になりますいたしましょう。
昼食と夕食の間にいかがでしょうか?

 

次に副菜朝食を見てみましょう。

 

忙しい朝ですが、なんとか野菜を取っていただきたいですね。

 

具だくさんの野菜スープはどうでしょうか。

 

朝用意をするのは大変ですよね。

 

前日の夜に野菜をちょっと多めに準備されてはどうでしょうか?

 

沢山の野菜スープで一粒になります昼食を見てみましょう。

 

外食にもよくある献立ですよね。

 

こちらの野菜ジュースを買ってみましょう。

 

市販のものでもOK。

 

200ミリリットルぐらいのもので一粒んです。

 

ただし野菜ジュースは1日一粒までを目安にしましょう。

 

 

夕食を見てみましょう。

 

夕食ではおやつ加えてみましょう。
ほうれん草の胡麻和えを出してみましょう。

 

ちょうど手のひらに収まるくらいの小鉢で一粒になります。

 

胡麻和えの代わりに野菜の入った具だくさんの味噌汁でもいいと思います。

 

これで副菜が埋まりました次の主菜は元の食事でしっかり取れていますので牛乳乳製品へ朝食を見てみましょう。

 

朝食の食パンをトーストに変えてみましょう。
スライスチーズ一枚で乳製品一粒になります。

 

またちょっと足りないですね。

 

完食でこちらの市販のヨーグルトを取ってみましょう。

 

先ほどのおむすびを食べる時に一緒に食べましょう。
ヨーグルト一個でひと粒になりますこれで牛乳乳製品が埋まりました。

 

page top